黒ニキビとは

ニキビには、様々な種類のニキビがあり
進行度合いにより、4つのニキビに分けることが出来ます。

第一段階の「白ニキビ」が進行すると、
第二段階の「黒ニキビ」に変化します。

ここでは、その「黒ニキビ」について説明します。

黒い画像

黒ニキビは酸化した状態

「黒ニキビ」は、白ニキビが進行した状態です。

毛穴に皮脂が詰まり、溜まり続けると
毛穴内の皮脂の総量が増えます。

量が増えて毛穴内に収まりきらなくなった皮脂が
毛穴を押し上げ、毛穴を広げていきます。

広がった毛穴から、皮脂が外に出てくると、
空気に触れて酸化したり、汚れたりして変色し
「黒ニキビ」になってしまいます。

黒ニキビは、まだ初期状態

「黒ニキビ」も「白ニキビ」同様に、
まだ初期の段階です。

ここでしっかり治すようにしましょう。

ここから「赤ニキビ」や「黄ニキビ」に進行すると
肌に炎症が起き始めてしまいます。

そうなると、ニキビ跡が残る恐れがありますので、
「黒ニキビ」を発見したら、
放置しないでしっかり治療することを心がけましょう。

触らない、芯を抜かない

「黒ニキビ」では、皮脂(ニキビの芯)が表面に出て、
酸化することで黒く変色します。

このニキビの芯を自分で取ることはおやめください。
自分で取ることを勧めてる記述を時折見かけますが、
素人が触ると、後でヒドイ目にあうのがオチ。

触ることで、
広がった毛穴から雑菌が入るのはもちろんのこと、
強引に芯を抜き出すことで、肌が傷つくこともあります。

ケア用品を使うか、
皮膚科に処置をして貰うのがよいでしょう。

黒ニキビの原因

「黒ニキビ」が出来る原因は
「白ニキビ」を放置していたことに他ありません。

「白ニキビ」段階でしっかりケアをすることが重要です。

ニキビは、
ストレスや食生活の乱れ、間違った洗顔方法などによる
過剰な皮脂の分泌が主な原因です。

普段の生活を見直すことが重要であり
肌を清潔に保つことも重要です。

肌を清潔にしていても、
肌にふれる物が汚れていたら意味がありません。

枕や布団などの寝具もこまめに洗濯をして
清潔に保ちましょう。

あなたにおすすめの関連記事はこちら!