ニキビ肌を改善するための正しい睡眠方法

ニキビ肌を改善するには、
睡眠はとても大事です。

肌を作るシステムが働くのは夜。
しっかり睡眠を取って肌を再生させましょう。

ベッド画像

肌の健康には睡眠が一番大事!

あなたは、睡眠が足りていますか?

皮膚科医の吉木伸子さんが書籍の中でおっしゃっているように、
睡眠は、肌の健康にとって一番大事なポイントです。

寝不足の翌日と、スキンケアを忘れた翌日では、
どちらが肌の調子が酷でしょうか?
それは、明らかに寝不足の翌日です。

このように、
スキンケアよりも、睡眠の方が肌への影響力が大きいのです。

人間は睡眠を取らないと生きていけない生物です。
睡眠は人間の命に関わるほど大事なのです。
しっかり睡眠を取って、肌の健康を保ちましょう。

最低でも6時間〜8時間は寝よう!

理想の睡眠時間は6〜8時間と言われています。
人によって個人差があると思いますが
最低でも6時間は寝たいですね。

肌は夜の間に作られます。
とくに午後10時〜午前2時の間がとくに重要な時間と言われています。

理想を言えば、午後10時には寝ていたいのですが、
現代人には難しいでしょう。

遅くても、日付が変わる前(午前0時)には
寝るように心がけましょう。

朝7時に起きれば
7時間の睡眠が確保できます。

睡眠から3時間ほどで成長ホルモンが分泌される

睡眠を始めてから3時間以内に、成長ホルモンが分泌されます。
そして、肌の細胞分裂が始まり、肌が再生されます。

一連の再生サイクルが完了するには、
6時間ほどかかるそうです。

ですので、6時間寝ることは理にかなっているのですね。

睡眠の前から睡眠は始まっている!

「家に帰るまでが遠足だ!」という先生のようですが(笑)
睡眠は「寝る前から始まってる!」のです。

前述のように、
睡眠を始めてから3時間以内に成長ホルモンが分泌されます。
この最初の3時間を質の良い眠りにすることが大事です。

そのためには、
寝る前の時間がとても重要です。

寝る1〜2時間前から部屋の照明をすこし暗くして、
眠りに入りやすい状態にしておきましょう。

寝る前に、テレビやパソコン、スマートフォンやの画面を見ると
目が冴えてしまうため、よくありません。
液晶画面は見ないようにしましょう。

睡眠前には、好きな音楽を聴いたり、アロマを炊いたりして、
リラックスできる環境を整えましょう。

それだけでもずいぶん違いますよ。

週末の寝だめは無意味!

「平日の寝不足を週末に取り返せばいい」
そう考える方も多いようですが、それは無意味です。

肌の再生サイクルは、毎晩行われています。
毎日しっかり寝ることが大事なのです。

それに、週末に寝だめをすると、
生活習慣が乱れ、体内時計が狂い、ホルモンバランスを崩します。

こういう不規則な生活は肌に良くありません。

ホルモンのバランスが崩れると、
ニキビの原因になりますので、
「週末に寝だめ」派の人は、いますぐ生活習慣を改善しましょう。

よしぞうはこう思いました

残念な表情

自分の睡眠習慣を改めて見直してみると、全然ダメです。。
これはすぐにでも改善しないと。

テレビは見ないので大丈夫なのですが、
スマホ、見ちゃいますよね。。。

確かにスマホの画面って、目に刺激的で眠気が無くなってしまいます。
気をつけないといけませんね。。。

あなたにおすすめの関連記事はこちら!