不規則な食事でニキビができる

毎日の食事から摂取した栄養が
人間の体を作っています。

当然、体の一部である肌も同じです。
ニキビと食事の関係を見ていきましょう

時計画像

規則正しい食事をしよう

不規則な食事はニキビの原因になります。

朝食をとらなかったり、コーヒーだけだったり、
パン一枚で済ませてしまったり。。。。

こんな生活を続けていては、
肌も荒れるし、ニキビも出来ます。

必ず朝食はしっかり食べて、
昼も夜も栄養のバランスが取れた食事を心がけましょう。

「そんなこと言われなくても分かっとるわい!それが出来なんだよ!」
とお思いでしょうが(笑)、
本気でニキビを治したいのであれば、本気でやらないとダメなのです。

忙しい毎日の中では、なかなか難しいのですが、
世の中には、規則正しい食事をしている人は現実にいらっしゃいます。

是非頑張りましょう。

脂質や糖質の取りすぎに注意

脂質や糖質は体に必要な物ですが、
取りすぎるのは良くありません。

油っぽい物を食べ過ぎたり、
食事の代わりにお菓子を食べていると、ニキビになりやすくなります。

揚げ物を食べるなら、夜よりも昼にするなどの工夫が必要です。
昼食でとれば、午後には学校や仕事の活動がありますので、
夜に食べるよりも、体に蓄積される可能性が低くなります。

本気でニキビを治したいのであれば、
間食は食べないようにしましょう。
夜食はもってのほかです。

そして、甘い物は肌の大敵です。
お菓子は控えめに。

お米やパンなどの主食には炭水化物か多く含まれています。
炭水化物は、分解されると糖質に変化します。

炭水化物の撮り過ぎはよくありませんので、
その点を意識して適度な量を取りましょう。

僕はご飯が大好きで、カレーライスなどで
ご飯を何杯も食べていました。

ひょっとしたらニキビが治らなかったのは
それも原因の一つだったかもしれません。

お米、美味しいですもんね。。。

偏食しないようにしよう

偏った食事は肌に良くありません。
先ほども申し上げましたが、食事をお菓子で済ませてしまうのはもちろんのこと、
コンビニ弁当なども気をつけましょう。

脂っこい肉ばかりを食べるのも良くありません。
しっかり、野菜も食べ
バランスの良い食事を心がけましょう。

とくにビタミンやミネラル類は
肌の健康に欠かせないものです。

中でもビタミンB2は、
糖質や脂質の分解に必要な物なので、
ビタミンB2が含まれる食材を取るのも良いでしょう。

ビタミンB2は、
豚、牛、鶏などのレバー製品、
アーモンド、干ししいたけ、焼き海苔
などに多く含まれているようです。

参考リンク:簡単!栄養andカロリー計算
ビタミンB2の多い食品と、食品のビタミンB2の含有量一覧表

ビタミンやミネラル類は、
基本的には日頃の食事からしっかり摂取するのが望ましいです。

サプリメントからの摂取をメインにするのではなく、
食事で足りない分をサプリメントで補うかたちにしましょう。

ダイエットのしすぎにも気をつける

ダイエットで食事制限をしていると、
肌が荒れることもあります。

それはやはり、バランスの取れた食事をしていないからです。

何かを制限したり、
ダイエットに良い食材ばかり食べていると肌に良くありません。

過度な脂肪や糖質の制限は、
肌を乾燥させる恐れがあります。

体に負担を与えるダイエットは
ニキビという観点から見ても注意が必要です。

もし、ニキビが出来てしまったら、
ビーグレンの、ニキビケアお試しセットをオススメします。

手軽なお値段で、高品質なニキビケア用品を試すことが出来ます。

まずはここから
7日間お試しセット!送料無料です!
ビーグレン ニキビケア トライアルセット
ニキビケア(trial)

あなたにおすすめの関連記事はこちら!