ストレスがニキビを作る

現代人なら、どんな人でもストレスに悩まされます。

ストレスは、ニキビをつくる原因となります。
ここではストレスとニキビの関係を見ていきます。

ストレス

ストレスはニキビを作ります

毎日の生活ではストレスが多いですよね。

仕事や学校の人間関係、
営業やテストのプレッシャーなど、
人は毎日ストレスにさらされています。

そんなストレスがニキビを作る原因の一つです。

ストレスを感じると皮脂が過剰に分泌される

ストレスを感じると、
ホルモンのバランスが崩れ、皮脂が余計に分泌されるそうです。

皮脂が多くなれば、当然ニキビが出来る可能性が高まります。

そして、ニキビが出来ると、

「うわぁ〜、またニキビが出来てしまった〜。。。」

と、落ち込むことがあると思います。

それがまた、さらにストレスを増やすんですね。。。
そしてさらに過剰な皮脂が発生。。。

そんな「ストレスの負のサイクル」に陥っていませんか?

ニキビが出来たら、すぐにケアして、
「ストレスの負のサイクル」に陥らないようにしましょう。

難しいかもしれませんが、
ニキビが出来たら「気にしすぎないこと」が重要です。
そして、治ると信じてケアしましょう。

精神論は信憑性がありませんが、
精神がストレスを受けることでニキビが出来るわけですから、
精神を健全に保てば、ニキビが治ってもおかしくありません。

前向きに頑張りましょう!

睡眠不足もニキビの原因に

ストレスがあると、充分な睡眠をとれなくなります。
ストレスによる睡眠不足もニキビが出来る原因になります。

特に、入学や入社したばかりの新生活は注意。

新しく始まった人生には、不安が沢山あります。
友達が出来ない、仕事が自分に合っていないなど、
新生活になじめないことも多く、
五月病という病気になる方も多いようです。

肌にとって睡眠はとても大事で、
夜、寝てる間に、肌細胞を作るホルモンが活性化するのです。

しっかり睡眠を取らないと、
昼間の間に傷んだ肌が再生されません。

たとえ、ストレスが無くても、
夜更かしをせず、しっかりと睡眠を取ることが大事です。

ニキビケアにとっては、ストレスは大敵!
人生、悩みが尽きませんが、
なるべく前向きに考え、気持ちを楽にして生活するよう心がけましょう。

あなたにおすすめの関連記事はこちら!