紫外線がニキビを作る!しっかりUVケアを!

一年中降り注いでいる紫外線。

春から夏はとくに紫外線が多い季節です。

紫外線は日焼けやシミの原因というイメージですが、
ニキビの原因にもなるのです。

太陽の光

紫外線がニキビを作る原因に

「紫外線がニキビを作る」というイメージはあまりないかもしれませんが、
実は、両者はとても関係が深いのです。

ニキビが発生する主な原因は、
肌の毛穴の中に、古くなった角質や汚れ、皮脂などが
詰まってしまうこと。

紫外線がその手助けをしてしまうのです。

紫外線による肌の乾燥

紫外線を浴びると、肌がダメージを受け、
肌の水分や皮脂の保湿能力を奪い、肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると、肌が硬くなり、
毛穴に詰まった汚れなどが、外へ出づらくなります。

そうすると、ニキビ発生の原因となります。

すでにあるニキビも悪化する

先ほども述べたように、
肌が乾燥すると、皮脂膜や水分が少なくなりますので、
肌の保湿・保護機能が低下します。

つまり、肌が剥きだしになってしまうような状態です。
この状態ですと、肌は外部の刺激を受けやすくなります。

すでにニキビが出来ている場合は、
さらに炎症が悪化したり、雑菌の侵入が増えたりしますので
とくに気をつけてください。

紫外線を油断していると、恐ろしいことになりますよ〜。。。

よしぞうはこう思いました

残念な表情

こうして改めて紫外線について見てみると怖いですね。
何気に浴びてる紫外線ですが、ニキビ肌には大敵。

普段から、
男子用の日傘を使ったり正しいUVクリームの使い方を把握するなどの、
紫外線ケアを心がけたいですね〜。

もし、強い紫外線でダメージを受けてしまったら、
ビーグレンのクレイローションがお薦め。
ほてりを鎮める効果があります。

強い日差しで火照った肌を鎮めるクレイローション

ニキビ肌の改善や、
出来てしまったニキビには、ビーグレンのニキビケアセットがお薦めです。

上記のクレイローションも入っていますので、
お手軽に試すことが出来ますよ。

ビーグレン ニキビケア トライアルセット
ニキビケア(trial)

あなたにおすすめの関連記事はこちら!